里芋の茎から作る素敵な韓国料理「トランデ」

韓国人の方から教えてもらい!初めて知った韓国料理

昨年、韓国人の方から「トランデ」という里芋の茎を利用した料理を教えて頂きました。韓国では当たり前に食べられている料理だそうです。日本では里芋の仲間のヤツガシラの茎を乾燥させて「ずいぎ」として利用していますが、里芋の茎を利用することは地域にもよりますがあまりないようです。もし利用しているという方がおられたらぜひ、お問い合わせフォームにて教えてください。

「トランデ」の作り方

収穫し終わった里芋の茎を1日おき、翌日に皮をむきます。向き終わったらネットで乾燥させます。乾燥して小さくなった里芋の茎を水に浸して、茹でます。その後、お好みの間隔に切って、油やごまで炒めたり、味噌汁に入れてもよしです。今回、私は、油揚げと醤油、豆板醤で炒めて食べてみました!     結果・・・歯ごたえもしっかりして美味しかったです!家族とパクパクと食べてしまいました! 普通なら捨ててしまうもの・利用できるとは知らないことが沢山あるのですね。他の国の文化を知ると頭の中が広がり未知の領域をしれて楽しいです! 作り方は下記動画を参考にどうぞ!す!                              

あんなに乾燥して小さくなったのに、水に浸すと、ほぼ切った時と同じくらいの大きさに復活!! 面白いなー

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です