水俣病記念講演会&C・Wニコルさん

今日は水俣病記念講演会に参加してきました。登壇者は水俣病患者の小笹さん、ウェールズの赤鬼ことC W ニコル氏、作家の佐高氏、水俣患者の訴訟に携わり、支えた法学者の富樫氏5名の皆様でした。 始めから、水俣病が小笹さんとその家族の人生をいかに奪ったか壮絶なお話しを伝えて頂き、涙が出てしまいました。ニコルさんは本当に動物たちや自然というものを愛していることが伝わってきました。日本人になって今年で25歳になったそうです。

総じて思ったことは、やはり経済最優先のシステム考え方は改めて、自然循環システムを取り戻さなければならないということ。そうしないと、身体的・心理的にも大きなダメージを被り人間だけでなく、生命の星、地球が死んでしまうということだと思います。 新しい自然循環システムを構築するためにコペルも行動します

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です