大根の畝を見てみると・・・

大根と人参のトンネルを外しました。大根はあと1週間程したら、間引きします。人参はなんと!! ほぼ全滅・・・ 播種当日に少し雨が降ったので良いかと思いましたが、蒔いてから3日程は水気を切らさないことで発芽の確率が高くなるそうです。また人参は好光性で光が多く当たらないと発芽しないので、大根のようにしっかり埋めず、土の上にほんの少し、窪みを作って、種が少し隠れるくらいの土をのせるぐらいが良いそうです。そんな訳でもう一回蒔き直しました。さて、この大根の畝を見るとですね、けっこー小さなアリたちが動き回っていました。そんな様子を見てたら、イメージが湧いてきてしまいました。昔の人間もこんな感じじゃなかったのかと。乾いた大地、森が繁る大地。様々な環境条件の中、私たちの先祖は、食料を探して獲るという毎日を暮らしていました。しかし、ある時、誰かが、住居まで、種を意図もしくは偶然に持ってきた事で栽培いわゆる農耕文化が始まったのだと思います。話が脱線しましたが、要するに農園コペルは、無農薬・無化学肥料で自然の生態系を維持し、持続可能で心も体も健康に暮らすことのできる社会に貢献することを目的としています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です